厚生労働省は、2月18日に厚生科学審議会 感染症部会 蚊媒介性感染症に関する小委員会を開催し、「蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針(案)」の最終案を策定しました。昨夏、約70年ぶりに国内感染が認められたデング熱の予防対策を推進するための指針で、同じヒトスジシマカが媒介するチクングニア熱も対象としています。指針案は今月20日の感染症部会に報告後、パブリックコメントを実施して4月中の告示・適用を目指す方針です。

厚生科学審議会 第3回蚊媒介性感染症に関する小委員会

配布資料:蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針(案)

また、厚労省HP内の感染症情報>動物由来感染症に掲示されている「感染症別情報」も18日に更新されていますので、併せてご参照ください。

厚生労働省の動物由来感染症に関する情報はこちら