2015年3月20日付のIARCモノグラフで、有機リン系殺虫剤と除草剤の評価結果が公表されました。

グリホサート、マラチオンおよびダイアジノンはグループ2A(probably carcinogenic to humans、ヒトに対しておそらく発がん性がある)、テトラクロルビンホスおよびパラチオンはグループ2B(possibly carcinogenic to humans、ヒトに対する発がん性が疑われる)と評価されています。

今回のIARCの報告が直ちに警告となるわけではありませんが、各国でのリスク評価見直しにつながるかもしれません。

IARC Monographs Volume 112:evaluation of five organophosphate insecticides and herbicides

 

農薬の検査等のご相談は当研究所企画室まで。