新しい食品表示法が平成27年4月1日に施行されました。食品衛生法、JAS法および健康増進法の食品表示に関する規定を統合し、新たに「機能性表示食品」制度が創設されました。
「機能性表示食品」は、特定保健用食品(トクホ)の場合と異なり、事業者自らの責任において、国の定めるルールに基づき食品の安全性と機能性に関する科学的根拠について評価を行い、販売前に消費者庁に届出ることにより、機能性を表示することが可能となります。
「機能性表示食品」制度の概略についてのパンフレット、機能性表示食品の届出に関するガイドライン、食品表示基準、同基準に関する通知などが消費者庁のウエブサイトに公表されていますのでご覧ください。

消費者庁の機能性表示食品に関する情報はこちら

消費者向けパンフレット (PDF
食品関連事業者向けパンフレット (PDF
機能性表示食品の届出に関するガイドライン (PDF

届出に必要な安全性試験の実施、機能性関与成分の分析、既存情報の調査(文献調査)などについてのご相談は、当研究所企画室まで。