新動薬情報2021年度第3号を掲載しました。

~目次~
文献抄訳
【感染症】
• 抗ウイルス作用を持つケルセチンはin vitro 及びin vivo でオーエスキー病ウイルスを阻害
• 奈良県の居住者及びその環境からのヘリコバクター・ピロリ検出
【その他】
• リシヌスマダニ (Ixodes ricinus) から新規分離された唾液タンパク質Iripin-3 は、in vitroで免疫調整作用及び抗血液凝固作用を示す
• 家畜におけるアトピー性皮膚炎: 現在理解されている内容と臨床に対する応用
• この犬はあなたの家で引き取れますか?リホーミング組織が引き取り手をスクリーニングする方針及び手順の科学的特質の定性分析及び評価
• CRISPR-Cas9 エフェクターは同腹の子をすべて同じ性にして性特異的な表現型の発現を促進させる
• バイオプラスチック及び植物由来材料は従来のプラスチックよりも安全か?in vitro 毒性及び化学組成において
トピックス
• なぜプラセボが効くのか? 科学者たちが脳の重要な経路を特定した
• 2021 年に米国の多くの州で類鼻疽が発生
• AI がタンパク質複合体のコードを解析―新薬開発ターゲットへのロードマップを提供
• ライム病に対する希望? 新しいワクチンはダニを標的にする
• SUTD の研究者たちは3D 印刷技術を使ってオカラに付加価値をつける簡便な方法を開発
• より効果的な方法で乳牛が金属片を飲みこむリスクを低減する

過去の新動薬情報はこちら