法定伝染病であるみつばちの腐蛆病の予防薬として、従来は、みつばち用アピテン(主成分:ミロサマイシン)が使用されていましたが、原薬の供給停止により、現在は製造・販売が中止されています。
これに代わるものとして、タイラン水溶散(主成分:タイロシン酒石酸塩)が承認され、2018年1月から販売が開始されました。

しかし、タイラン水溶散を使用した養蜂家が出荷前のはちみつを自主検査したところ、はちみつの残留基準値0.2 ppmを上回るタイロシンが検出されました。
また、本年1月には農林水産省より「タイラン水溶散の使用に当っての留意事項」が通知されています。

そこで、安全研では皆さまの安全なはちみつの生産・販売を支援するため、タイロシン検査キャンペーンとして低価格な検査をご用意いたしました。
オキシテトラサイクリン、ミロサマイシンの検査と合わせてご利用ください!

 

キャンペーン期間 2019年10月末まで
検査対象 蜂蜜
検査方法 LC-MS/MS法
検査項目 タイロシン(タイロシンAとタイロシンBの和)
検査料金 9,000円(税別)/検体
所要日数の目安 10営業日
必要量 50g

※通常価格:16,000円/検体

オキシテトラサイクリン、ミロサマイシンのキャンペーンはこちら
検査のお申し込みはこちら